お客様と長いお付き合いになればなるほど、ちょっとしたマンネリ化は避けられません。
いつもと同じようにお店で楽しい時間を過ごして、たまに同伴するだけで基本は同じようなことの繰り返し…。
安定していると言えば聞こえは良いですが、やはりちょっとした刺激があったほうが長続きします♪
ここでは、お客様に飽きられないヒケツを教えちゃいますね☆

 

■ちょっと可愛く!ヤキモチを焼こう!

前よりお店に来てくれなくなったお客様がいれば、さりげなく「もしかして、他のお店にも行っているの?」と聞いてみましょう。
もし行っているという回答が返ってきたら「そうなんだ!楽しいなら良いけど…私はちょっと寂しいな(><)」とアピール!

お店に来てくれたときに、冗談交じりで「もう私のこと飽きたのかなって思っちゃったよ~。やっぱり、会えると嬉しいな♪」とニコニコ笑顔で対応しつつ、ちょっとしたボディタッチも効果的です。
ヒザ同士をコツンと当ててみたり、笑いながら肩をポンポンしてみたり…。
「やっぱり、この子が可愛いな」と思ってもらえるように頑張りましょう!

やっぱり、この子が可愛いな

 

■誕生日やイベントでは必ず連絡を!

季節ごとのイベントは多少なりとも盛り上がる話題の1つ◎
春だったらさくら、夏だったらお祭り…といったように、ちょっとずつ話題に絡めて連絡をとりましょう。

そして一番忘れてはいけないのは「誕生日」
お客様の誕生日には、できるだけ0時ピッタリにおめでとうのメッセージを送りましょう。
できるだけ当日早めに連絡することで「俺の誕生日を覚えていてくれたんだな」という承認欲求が満たされるとともに、タイミングが合えば「今日お店に遊びに行っちゃおうかな?」となることも♪
お店に来るのであれば、ボーイさんと手を組んで誕生日ケーキを用意するのもオススメです◎
テンションが上がってボトルを入れてくれるかもしれませんよ☆

 

■記念日を作ってお祝い!

『初めて指名を貰った日』『始めて同伴をした日』などは覚えておいて損がありません。
なぜなら、お客様にとって「もうアレからそんなに経ったのか」「前のことをまだ覚えていてくれるのか」と好印象に繋がるからです♪
3ヵ月毎半年毎に記念日を繰り返すことで、定期的に初心を思い出せるのもポイント。
付き合いが長くなればなるほど、記念日がドンドン大切なものになってくるんですよ♪

ドンドン大切なもの

キャバ嬢にとって指名のお客様は何人もいますが、お客様にとって指名をしているキャバ嬢が何人もいるものではありません。
だからこそ、一人ひとりと向き合って飽きさせない努力を怠らないように頑張りましょう☆