会社の人と、友達と、接待として、興味本位で…。
男性はさまざまなタイミングでキャバクラへ訪れます。
ほとんど行かないという人もいれば週に数回通う人までさまざまですが、「よく通う」という人の裏には指名嬢という存在が…。

お客様のタイプを知って上手くメロメロにさせれば、あまりキャバクラへ来なかった人でもお店に呼ぶことができるかもしれません!
まずがタイプ別の対応策を知っておいて、少しでも印象に残るキャバ嬢へとランクアップしましょう♪

印象に残るキャバ嬢

■自慢話が止まらない!ナルシストタイプ!

「俺、金はイッパイ持ってるんだよね~」
「キャバクラには来るけど女の子には困ってないから」

悪びれるでもなく、ごく自然に自慢してくるのがこのタイプ。
…あー、ハイハイ。と、流したくなるのをグッとこらえて、笑顔で相づちを入れましょう。
「えー!」「すごーい!」「初めて聞いた!」「他の人とは違いますねー!」
という風に、基本はお客様を持ち上げることが前提です。
上手いタイミングで相づちを入れれば、ずっと話し続けてくれるので、こちらから話題を探さなくてもOKなことも!

 

■ノードリ上等!ケチケチタイプ!

「お金がないからワンセットだけ」
「ドリンクは前に入れたから今日はいいよね」

なんて、できるだけ安く楽しもうとするのがこのタイプ。
もしもノードリが続いたり、連絡がしつこく来る場合は「他にドリンクを飲ませてくれたり、延長してくれるお客様がいるから、どうしてもそっちを優先しちゃうけどゴメンね」キッパリ伝えましょう。
それで怒るようでしたら『売上に繋がらない』と切るも良し。
心を入れ替えてお店に来てくれた上にきちんとドリンクを貰えた日には、いつも以上の笑顔でお礼を言ってくださいね!

 

■半年に一度だけ!?出張先タイプ!

「出張で来てるけどヒマだから遊びに来てみた!」
「いつもと違う雰囲気を楽しみたいんだよね」

他のお客様と違うのは『定期的に呼べる人』では無いということ。
ですが、上手く心を掴めれば出張があるたびに遊びに来てくれる良客になることも♪
店外の誘い・しつこい連絡もほとんど無いため、意外にも扱いやすいタイプのお客様です◎

出張

 

■下心丸出し!ワンナイト狙いタイプ!

「君かわいいね!付き合おうよ!」
「今日お店終わった後アフターしない?」

席に着いた瞬間からマシンガントークのようなどうでもいい口説き文句…。
さらに二言目には「アフターしてくれないなら指名変え」「店外するかハッキリして」という誘いばかりが続きます。
このタイプのお客様に曖昧な対応をしておくと、調子に乗り続けるので注意が必要です。
「キャバクラはそういうお店じゃないんで!そんなにガツガツこられたら警戒しちゃいます!」と気持ちを伝えた上で、色恋ではなく友達営業ができるようなペースに持っていきましょう☆

 

■下ネタしか言いません!セクハラタイプ!

「おっぱい大きいね!何カップ?」
「ちょっとぐらい脚触ってもイイじゃん~」

隙あらば下ネタ&お触りをしてくるこのタイプは、断らないと腰に手を回したりキスをしようと顔を近づけたりすることも…。
基本はボーイさんが止めてくれるはずですが、忙しくてなかなか気づいてもらえない時やガマンできない時はきちんと「ダメです!」という態度を示しましょう。
もし触ってこようとした時は、先に手を繋いでニコッと笑いながら手を封印!!(笑)
それでもエスカレートするようなら「ボーイさんにあんまりお触りがバレると怒られちゃうし、最悪出入り禁止になっちゃおうよ!会えなくなるのはイヤだから、ちょっと控えめにしておこうね!」と言いながら、距離を取るのもアリですよ。
オススメは椅子に浅めに座って、お客様と自分のヒザを軽くくっつけること。
そうすると「ヒザがくっついている!」という意識を与えつつ、お客様と程よい距離を保つことができますよ♪

お客様と自分のヒザを軽くくっつけること